経済とお金の関係 » 銀行 » 会社を健全に運営するために

会社を健全に運営するために

読了までの目安時間:約 2分

会社を健全に運営していく上で必要不可欠な作業が資金繰りです。
ここで資金にあたるものは、現金・預金・有価証券などのすぐに支払いの為に動かせるものになり、定期預金や不動産といったすぐに引き出せないものは含みません。
仕入れ支払いや人件費、事務所経費とあらゆる支払いを把握し、それに必要な現金を動かさなければなりません。

買掛金の回収や、売上といった収入と支出のバランスを計算します。
そして、支払いに足らない部分は借入を行い資金調達をしなければなりません。
資金繰りに失敗してしまうと、不渡りを出したり、倒産の危機に陥ります。
そうなると会社の信用問題に関わり、結果融資を受けづらくなってしまいます。
リーマンショック以降、金融機関から直接融資が難しくなりました。
銀行計貸出残高を見れば明らかになっており、これが貸し渋りだと言われています。
しかし、過去にはなかった3年間の保護を受けられるようになり、3年間でしっかりと返済計画を立てることができるのです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報