経済とお金の関係 » 銀行 » 健全な経営体質の維持がポイントです。

健全な経営体質の維持がポイントです。

読了までの目安時間:約 2分

企業経営上、常につきまとうのが資金繰りの問題であり、あの手この手で経営者はこの問題の解決に務めているところです。
さて、資金繰り問題の解決方法としてもっともメジャーなものは、事業資金に係る融資を銀行から受けることでしょう。
しかしながら、銀行もこちらの申し出に応じていつでも資金を貸してくれるとは限りません。

融資の前には審査がつきものであり、事業資金とてその例外ではないのです。
では、効率的に銀行から融資を受けるために求められることとはなんでしょうか、まずは経営が安定していることが大前提です。ある程度資金繰りに余裕のある時期から、会社が一丸となって支出の抑制を行い、無駄な設備投資にお金をかけない等、経営基盤がしっかりしていることは、銀行からの好印象獲得につながります。
次は、事業の継続性です。受注した仕事の実績や利益の度合いは、もちろん重要です。
こうした、企業としての健全体質を常に維持するよう心がけ、銀行との良好な関係を維持できれば、資金繰りも一安心と言えます。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報