経済とお金の関係 » 創業 » 公的機関からの融資に挑戦しましょう

公的機関からの融資に挑戦しましょう

読了までの目安時間:約 2分

起業を考えたい人は、自己資金が十分集まっていなくとも、創業融資を利用すれば、創業資金を手に入れることが出来ます。
資金調達には様々な方法があります。民間金融機関からの融資、日本政策金融公庫からの融資、親類縁者もしくは友人からの借入、ノンバンクのビジネスローン、個人投資家からの出資などがその一例です。

ですが、このような資金調達は、創業時においてはほとんど利用する事が出来ません。特に民間の銀行が実績のない個人に融資を行う可能性はゼロに等しいのが現実です。実績の無い人が事業を興すための自己資金を集めるためには、コツコツと貯金する、補助金を利用する、ノンバンクからの高金利の資金を借りる、親類に頼るといった方法が一般的ですが、起業に必要な莫大なお金を自己資金だけでまかなうには限界があり、親類に頼るのも同様です。補助金は上限が少なく、ノンバンクのローンは利息が高すぎて、資金繰りに一気に行き詰まる可能性があります。
このような事から考えても、創業資金を手に入れる現実的な方法は、公的機関の創業融資を頼る以外無いのが現実です。
公的金融機関の創業融資は、低金利で貸し出し上限も高く、融資期間も長期に渡ります。
具体的には、日本政策金融公庫もしくは、地方自治体の創業融資制度からの融資を利用すべきです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報