経済とお金の関係 » 銀行 » 資金を調達するために必要な書類

資金を調達するために必要な書類

読了までの目安時間:約 2分

銀行や投資家などから資金を調達するためには、事業計画書が必要です。
内容により、うまく資金を借りることが出来るか、の判断になります。
上手な事業計画書を書くためにはポイントが何点かあるので、しっかり押さえる必要があります。
事業計画書は、その会社にとっての情報が全て記載され、読み手が見やすい、読みやすいものでないと読む気が起こらずに、よい事業を立ち上げようとしても伝わらなければ意味はありません。

簡潔に、かつ重要なところは丁寧に記載する必要があります。
基本的には、事業概要や、会社概要、取り扱う製品やサービスについて、市場内での概要、業界での戦略や実行方法、経営概念、資金繰りについて記載します。
特に、会社概要は何を扱い、どう経営していくか、と会社の方針を理解して貰う上で重要です。
創立者や、経営者、など今までの履歴なども詳しく記載されていると今までの実力も理解して貰えます。
戦略や実行方法は、顧客などへのアプローチや今後の発展など見通しが出来ているかを見分けることが出来るので、しっかり記載することが重要です。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報