経済とお金の関係 » 銀行 » 長期事業計画との相性が良い金融機関です

長期事業計画との相性が良い金融機関です

読了までの目安時間:約 2分

国民生活金融公庫とは、中小企業、小規模事業主、農林水産業者、個人事業主など、幅広い業界の資金需要に応える為に設立された政府系金融機関です。

公的金融機関の雄として、民間金融機関の事業活動をサポートする形で、日本経済を下支えするために活動していましたが、国民政策金融公庫に統合されたため、現在では存在していません。
そのため、現在では日本政策金融公庫の国民生活事業が、国民生活金融公庫の業務を引き継いでいます。

国民生活事業は、民間金融機関からの融資が難しい個人事業主及び中小企業事業者を中心に貸し出しを行っていることが特徴です。
事業年数に関係無く、個人事業主や、小規模事業者であれば、融資の申請が可能になっています。
融資限度額は最高7200万円で、固定金利ですが、金利が低いため、長期返済計画を立てることがかのうです。
創業間もない事業主でも無担保融資を受けられ、金利も低く、融資限度額も高いですが、審査が長時間に及ぶという欠点があります。

ですから、有望な商材と長期計画を持っている事業主にとっては有利ですが、急な借り入れが必要な事業主にとっては難点のある金融機関だと言えます。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報