経済とお金の関係 » 銀行 » 

祖父から生前贈与の提案

読了までの目安時間:約 2分

先日、祖父の家に家族で遊びに行った際、生前贈与の話をされました。子供である母や母の兄弟に向けた話かと思い、始めのうちは適当に聞いていたのですが、孫の私たちにまで生前贈与を行うと言っていました。

祖父は80代の半ばですが多少持病を抱えているものの、足腰はしっかりしているし、とても元気です。しかしここ数年で友人や兄弟が亡くなることが多くなり、近いうち自分も…と不安になったようで、税理士さんに相談して生前贈与を決めたという話でした。

生前贈与は、1人当たり年間110万円までなら贈与税がかからないそうなのだが、それだと生前贈与を行ったという証拠が残らないためなのか、120万円ずつ贈与すると言っていました。

その場合は贈与税が10%かかるので、1万円を税金として納めるらしいです。そうすると同額を遺産相続した場合に比べて59万円の節税になるという話でしたが、法律とか税金とかに疎い私には訳が分からず、とりあえず今年の確定申告では忘れないようにちゃんとしようと思いました。

まだまだ元気な祖父なので、遺産相続など考えたくもありませんが、祖父なりに死後の親族トラブルを避けようとの配慮なのかもしれません。

今回のことで、祖父との時間が残り少ないかもしれないと感じてしまい寂しくもありましたが、時間のあるときはちょくちょく祖父の家を訪れようと思いました。

資金を借り入れる方法について

読了までの目安時間:約 2分

近年は不況の影響を受けて多くの事業が苦しい状態に置かれています。
しかし、しっかりとした事業計画を行って結果を出していればそれだけで確実に資金を確保する事はでき多くの事業やプロジェクトを成功させることができます。
その中でも大切なのが運転資金の確保で、多くの利益を出していても事業規模の拡大やターゲット層を広げる時等にはしっかりとした投資が必要になります。

長期事業計画との相性が良い金融機関です

読了までの目安時間:約 2分

国民生活金融公庫とは、中小企業、小規模事業主、農林水産業者、個人事業主など、幅広い業界の資金需要に応える為に設立された政府系金融機関です。

公的金融機関の雄として、民間金融機関の事業活動をサポートする形で、日本経済を下支えするために活動していましたが、国民政策金融公庫に統合されたため、現在では存在していません。
そのため、現在では日本政策金融公庫の国民生活事業が、国民生活金融公庫の業務を引き継いでいます。

会社を健全に運営するために

読了までの目安時間:約 2分

会社を健全に運営していく上で必要不可欠な作業が資金繰りです。
ここで資金にあたるものは、現金・預金・有価証券などのすぐに支払いの為に動かせるものになり、定期預金や不動産といったすぐに引き出せないものは含みません。
仕入れ支払いや人件費、事務所経費とあらゆる支払いを把握し、それに必要な現金を動かさなければなりません。

資金を調達するために必要な書類

読了までの目安時間:約 2分

銀行や投資家などから資金を調達するためには、事業計画書が必要です。
内容により、うまく資金を借りることが出来るか、の判断になります。
上手な事業計画書を書くためにはポイントが何点かあるので、しっかり押さえる必要があります。
事業計画書は、その会社にとっての情報が全て記載され、読み手が見やすい、読みやすいものでないと読む気が起こらずに、よい事業を立ち上げようとしても伝わらなければ意味はありません。

健全な経営体質の維持がポイントです。

読了までの目安時間:約 2分

企業経営上、常につきまとうのが資金繰りの問題であり、あの手この手で経営者はこの問題の解決に務めているところです。
さて、資金繰り問題の解決方法としてもっともメジャーなものは、事業資金に係る融資を銀行から受けることでしょう。
しかしながら、銀行もこちらの申し出に応じていつでも資金を貸してくれるとは限りません。

事業に必要な資金の調達

読了までの目安時間:約 2分

多くの事業をする時には、事前に大金を融資してもらう等して事業で利用するお金を集める必要があります。
この方法として銀行等からお金を融資してもらう以外にも投資を募ってこれらの資金を集める時もあります。
こうした事業融資は、事業を行う上で支払わなければいけない社員への給料や社内で必要になる設備の購入のために利用されることが多くあります。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報