経済とお金の関係 » 創業 » 資金豊富で安全経営

資金豊富で安全経営

読了までの目安時間:約 2分

運転資金とは事業者が経営を行うにあたって必要な資金の事でこれがないと企業として成り立ちませんから、何らかの形でこの資金を確保しなければなりません。具体的には商品の仕入れ代金、賃金ばどの経費の支払い、買掛金の支払いなどの決済業務において必要となります。

運転資金の増減については企業の利益には直接影響しません。影響を与えるのはあくまでキャッシュフローのみですので、最近の特殊経営企業の中には運転資金ゼロと言う所も出てきています。しかし、従来の企業は利益を出す事は当然大切ですが、利益を出すにあたって、キャッシュフローが流動的でなければ身動きが取れなくなりますので、この運転資金も企業の生命線とも呼べる重要な項目です。

企業の経理部門などでは損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書など財務諸表を作っていますが、重要なことは帳簿上の利益としての資金と実際の手元にある資金は別である事を忘れてはいけません。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報