ホーム

住宅ローンなどは、雇用形態が大事です。

読了までの目安時間:約 2分

クレジットカードのキャッシングって、とっさの時に便利ですよね。
そう頻繁にお世話になるわけではないですが、あぁ、カード持っててよかった…っていうこと、何度かあります。
先日も、披露宴に呼ばれていることを忘れていて「あっ、ご祝儀のお金がない!!」と、キャッシングのお世話になっちゃいました。

その話を同僚にしたところ
「えっ、キャッシング、できるの?」
って聞かれてびっくり。え、どうしてできないの? 

この同僚は実は正社員、私は契約社員です。

彼女は契約社員や派遣社員はキャッシングは出来ないものだと思っていたんだそうです。
あぁ、なるほどなぁって思いました。

住宅ローンとか、金額の大きなローンとなったら雇用形態が影響することはありますよね。
お金を借りる、という意味では同じなわけですから、彼女のその思い込みはある意味もっともかもしれません。

私は別にそんな深く考えもせず、普通にクレジットカードを作ったらキャッシングの枠があったので、時々利用させてもらっているだけだったので、何の疑問も感じたことがなかったんですね。

この同僚は
「そうかぁ、そういう所で不利になることがたくさんあるからって思って正社員にしがみついて
たけど、別に辞めてもいいってことか」

なんて言い出して、いやいや、それはまた全然違う話だから!

今のご時世、転職もそう簡単ではないし、一度契約や派遣になったら正社員の職を得るのはなかなか難しいって言われてるんだから、安易にそんなこと考えちゃダメですよね。

結納金を借入した結婚相手

読了までの目安時間:約 2分

主人が怒り心頭なのですが、私はどうしたらいいのでしょうか。
娘が結婚したいと思っていると言って紹介してくれた男の子はアルバイト、つまり正社員ではなく社会的には一人前として見てもらえない社会的な立場だったのです。
主人は仕事は何をしているのか娘とその男の子に尋ねると、アルバイトをしながら生計を営んでいるそうなのですが、親として可愛い娘を差し出せないのは私も主人の考えに同感です。
でも、その男の子は結納金に200万用意し、さらに今までの貯金が300万あると言うのです。

なぜそんなに貯金がある子がアルバイトなのだろうと不思議に思った私は娘に内緒で興信所でその彼の身辺を調べてもらいました。
本当は本人に訪ねたかったのですが、主人がその話をしたくないようで、その日はすぐに彼に帰ってもらったのです。
何も聞けなかった代わりに興信所というのも娘や彼に失礼なのですが、娘には結婚を失敗してほしくないと言う気持ちで調べてもらいました。
そしてこの調べてもらったことは自分だけの秘密にしておき、主人にも娘にも話すつもりはありませんでした。

1週間くらい調査していただいた結果、何とその彼には200万の借金があったことが分かりました。
200万の借金と言われ、ピンと来たのが彼が急いで用意したと思われる結納金でした。
バイトをしながら確かに200万の結納金と300万の貯蓄は不可能に近いことです。
うちの娘と結婚するためにお金を借りたのかと思うと、心がすごく痛みましたが、これを知った以上彼を結婚相手として認めるわけにはいきません。
バイト代をコツコツ貯めてお金を用意したと思っている娘の気持ち、娘を大事に思う主人の気持ちを裏切るわけにはいきません。
さて、これからどうこのことを知らせていこうか、私の悩みは大きくなるばかりです。

働けなくなり両親から借金しました

読了までの目安時間:約 2分

誰でも自分のお金で自分のことは何とかしたいと思っているはずです。
もちろん私も、自分の働いたお金で生活していくつもりでした。
しかし業績が悪化し解雇されてしまい、アルバイトで生活せざるを得なくなってしまったのです。
家賃の安い場所に引越し、正社員だった頃とはまったく異なる生活をしています。

資金を借り入れる方法について

読了までの目安時間:約 2分

近年は不況の影響を受けて多くの事業が苦しい状態に置かれています。
しかし、しっかりとした事業計画を行って結果を出していればそれだけで確実に資金を確保する事はでき多くの事業やプロジェクトを成功させることができます。
その中でも大切なのが運転資金の確保で、多くの利益を出していても事業規模の拡大やターゲット層を広げる時等にはしっかりとした投資が必要になります。

長期事業計画との相性が良い金融機関です

読了までの目安時間:約 2分

国民生活金融公庫とは、中小企業、小規模事業主、農林水産業者、個人事業主など、幅広い業界の資金需要に応える為に設立された政府系金融機関です。

公的金融機関の雄として、民間金融機関の事業活動をサポートする形で、日本経済を下支えするために活動していましたが、国民政策金融公庫に統合されたため、現在では存在していません。
そのため、現在では日本政策金融公庫の国民生活事業が、国民生活金融公庫の業務を引き継いでいます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報