経済とお金の関係 » アーカイブ

選択は慎重に

読了までの目安時間:約 2分

結婚式の費用がちょっと不足するというときに便利なローンがあります。ブライダルローンという商品名で紹介されているものもあり、申し込み先も結婚式場・銀行・ローン会社といろいろです。金利もいろいろと違いますから選ぼうとするときにはよく考えて比較してみたほうがよさそうですね。

借りたお金も結婚式のみに使えるものから新居の準備や新婚旅行などに使っても構いませんよ、という柔軟なものまであります。融資までの期間や審査基準もいろいろ、ひとつで断られたからといってすぐにあきらめる必要もありません。

結婚式を挙げるのにローンを組む、という人はあまりいないかもしれませんが、その後の新生活の準備のためとかなら必要にせまられて借りましたという話もあるかもしれませんね。

どういう理由にしても、新生活が始まれば新夫婦2人で協力して返済していかなければなりません。個人的にははじめからあれも、これもと欲張らずに必要なものを少しずつ揃えるというのも面白いではないかと思いますね。

将来的にはものすごく大きな買い物、マイホームを購入することもあるかもしれません。そうなるとローンを組むなんてことは避けられないわけで、ちょっとした返済の練習にもなるかもしれない、なんて思うのは浅はかでしょうか。

資金を調達するために必要な書類

読了までの目安時間:約 2分

銀行や投資家などから資金を調達するためには、事業計画書が必要です。
内容により、うまく資金を借りることが出来るか、の判断になります。
上手な事業計画書を書くためにはポイントが何点かあるので、しっかり押さえる必要があります。
事業計画書は、その会社にとっての情報が全て記載され、読み手が見やすい、読みやすいものでないと読む気が起こらずに、よい事業を立ち上げようとしても伝わらなければ意味はありません。

事業に必要な資金の調達

読了までの目安時間:約 2分

多くの事業をする時には、事前に大金を融資してもらう等して事業で利用するお金を集める必要があります。
この方法として銀行等からお金を融資してもらう以外にも投資を募ってこれらの資金を集める時もあります。
こうした事業融資は、事業を行う上で支払わなければいけない社員への給料や社内で必要になる設備の購入のために利用されることが多くあります。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キーワード
メタ情報